共済 自動車保険 対物賠償

対物賠償

対物賠償

 

対物賠償とは、契約した車で他人の車や家の壁、電柱やカードレールなどを壊して、損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
契約時に設定した保険金額が上限となりますので、無制限で契約しておくのがオススメです。
例えば電柱やガードレールの修理費用は、材料費だけではなく工事の費用も必要となるのでどうしても高額になります。

 

自分のためにも対物賠償は「無制限」で契約することをオススメします。

 

電柱の修理費用:30〜50万円、電線などの断線があると100万円以上
ガードレールの修理費用:1枚5〜10万円
信号機の修理費用:100万円以上

 

※事故の状況によりますし、修理費用は言い値となるのでもっと高額となっても仕方がありません。

 

対物賠償も「他人の物」が補償対象なので、自分の家の壁を壊した場合には対物賠償は使用できません。

 

自分の古くなった家の工事費用を捻出するためにわざと車をぶつけて壊す人がいても、対象外なので保険金が降りないようになっているのです。

 

多くの保険会社には「示談交渉サービス」がついており、事故の相手との示談交渉を担ってくれます。

 

トップページ > 共済の自動車保険は安いの?お得な保険を見つけるには